【二部構成】英国代理人による英国知財事情オンラインセミナー!!

2021年最初のRWS Special seminarでは英国弁理士を講師としてお招きします。英語での発表に、日本語の要約をつけてお届けいたします。

Brexit後に英国での商標・意匠はどのように変わるのか?

注意しなければならないポイントをわかりやすく説明いたします。あわせて、ヨーロッパ特許庁への出願と英国への直接出願のメリットデメリットを説明して頂きます。

概要


セミナーは以下の2部構成となります。

Part 1:Impact of Brexit 

“EUIPO trademark and design protection no longer extends to the UK following Brexit at the end of last year. However, the UKIPO has automatically created equivalent UK rights for trademarks and designs registered at the EUIPO before Brexit. This talk will explain how to manage those new UK rights and how to obtain equivalent protection in the UK where new rights have not been created automatically. The talk will also explore the effects of Brexit on renewals, licences and other transactions, and trademark use.”

第一部
(要約)

「EUIPOの商標および意匠保護は、昨年末の英国のEU離脱後、英国には適用されなくなりました。 ただし、UKIPOは、Brexitの前にEUIPOに登録された商標および意匠について同等の英国の権利を自動的に作成しました。 この講演では、これらの新しい英国の権利を管理する方法と、新しい権利が自動的に作成されていない英国で同等の保護を取得する方法について説明します。 講演では、更新、ライセンス、その他の取引、および商標の使用に対するBrexitの影響についても説明します。」

Part 2:Comparison UK and EP

“The second part of the webinar will provide a brief comparison of the EPO and UKIPO patent systems, aimed particularly at patentees deciding whether it is best to file patent applications at the EPO or at individual national patent offices in Europe. There will be a summary of the advantages and disadvantages of the EPO system versus national patent filings in general, followed by a comparison of the total cost of obtaining a patent at the EPO and the UKIPO. Finally, there will be a discussion of the main practical differences between patent prosecution at the UKIPO and patent prosecution at the EPO.”

第二部
(要約) 

「第2部では、EPOとUKIPOの特許制度の簡単な比較を提供します。特に、EPOで特許出願を行うのが最善か、ヨーロッパの個々の国内特許庁で特許出願を行うのが最善かを決定する特許権者を対象としています。 EPOシステムと一般的な国内特許出願の長所と短所の概要を示した後、EPOとUKIPOで特許を取得するための総費用を比較します。 最後に、UKIPOでの特許審査とEPOでの特許審査の主な実際的な違いについて説明します。」

講師の紹介


Matthew Turner

 

 

Matthew Turner

Patent Attorney at Miller Sturt Kenyon Ltd

 

Matt is principally responsible for the prosecution of European, British and PCT patent applications. Matt is also experienced in representing clients at oral proceedings at the European Patent Office, whether in examination or opposition. His practice covers a wide range of technology, but particular areas of expertise include display technology, ink jet printer technology and wireless communication devices.Matt’s previous experience includes working as an intern at a patent law firm in New York. Matt has also worked at the Cavendish Laboratory in Cambridge, when he updated and improved control software for a set of electron-beam lithography machines.Matt has lectured on European patent law in the UK and in Japan, and has been published in the Japanese journal “Patent”.Matt completed a secondment with one of our major clients in Japan in 2008. He continues to learn Japanese.

 

Miller Sturt KenyonのWEBサイトはこちら

セミナーに関する情報

【日時】

2021年1月22日(金) 15:30~17:00 (予定)

【料金】

無料

【使用ツール】

Go to webinarを利用します。
*事前のアプリインストール等は必要ありません。

【お申込み方法】
下記ボタンよりお申込みをお願い致します。